大阪通天閣

大阪通天閣
大阪のシンボル

2017年10月19日木曜日

KANSAI正明の就職転職アルバイト体験談: 西陣信用金庫での仕事 その19

KANSAI正明の就職転職アルバイト体験談: 西陣信用金庫での仕事 その19: 上記の画像は1993年(平成5年)11月に西陣信用金庫と合併する伏見信用金庫の社内報、桃華であります。合併に関する経緯や西陣信用金庫、伏見信用金庫両理事長のインタビュー記事、両金庫職員の合併に関する抱負、新金庫名 京都みやこ信用金庫の経営理念、シンボルマーク、キャッチフレーズ...

西陣信用金庫での仕事 その19

上記の画像は1993年(平成5年)11月に西陣信用金庫と合併する伏見信用金庫の社内報、桃華であります。合併に関する経緯や西陣信用金庫、伏見信用金庫両理事長のインタビュー記事、両金庫職員の合併に関する抱負、新金庫名 京都みやこ信用金庫の経営理念、シンボルマーク、キャッチフレーズのことなどが書かれております。この社内報を通じて合併するということを理解することになるのですが、さて、合併をして以降、どうも西陣信用金庫時代のような雰囲気がなくなっていくような感じを受けるようになりました。どちらかというと西陣信用金庫はアットホームな感じでそれほどあくせく仕事をしていた感じはなかったのですが合併を機に何というかピリピリして仕事をするように雰囲気が変わりました。人事教育部という部署にいた女性課長も合併してお話をする機会があって言われたことは西陣信用金庫時代とは180度考えを変えて仕事に取り組んでくださいみたいなことを言われたのを覚えています。そのいわんことはわれわれが今まで西陣信用金庫で行ってきた仕事のやり方ではなく伏見信用金庫のやり方、言われるやり方で仕事をしなさいということです。形式的には対等合併でありながら実際は西陣信用金庫を救済合併するような感じだったようで、合併後、これを機に辞めた旧西陣信用金庫の理事を退職金泥棒呼ばわりする旧伏見信用金庫職員もいました。融資の稟議を上げても担保割れが多かったせいもありますが、なかなか決済が下りないことも多く、私の上司の係長が何度も稟議書を書き直して、直に京都伏見区深草にある京都みやこ信用金庫 本店 融資審査部へ足を運んでいましたね。因みに京都みやこ信用金庫 本店なんですが建物は現在、龍谷大学の校舎(紫学館だったかな)になっております。さて、私はというと合併する前に支店で使っているコンピュータが旧伏見信用金庫のものに変わるということで京都みやこ信用金庫の音羽支店へオペレーション研修にいくことになりました。この辺の話は次回までに資料を探しておきます。ではまた。

2017年10月10日火曜日

KANSAI正明の就職転職アルバイト体験談: 西陣信用金庫での仕事 その18

KANSAI正明の就職転職アルバイト体験談: 西陣信用金庫での仕事 その18: わが西陣信用金庫と伏見信用金庫の合併が正式に発表される平成5年(1993年)5月12日以前に私のいた祇園支店でも支店長が異動により代わったり新入社員が2名入ってきたりしました。新入社員の男の子が私がしてました出納係になったことに伴い、融資係に異動になりました。画像の名刺は融資...

西陣信用金庫での仕事 その18

わが西陣信用金庫と伏見信用金庫の合併が正式に発表される平成5年(1993年)5月12日以前に私のいた祇園支店でも支店長が異動により代わったり新入社員が2名入ってきたりしました。新入社員の男の子が私がしてました出納係になったことに伴い、融資係に異動になりました。画像の名刺は融資係として仕事をしていた時の京都みやこ信用金庫の名刺であります。融資係の仕事と申しましてもしたこととして思い出すことは、カードローンの受付、書類に不備がないかをチェックし、本社へ送ったり審査機関へ送ったり、手形貸し付けの期限延長のための土地担保評価をして稟議を上げたりしてました。ただ、付随業務として外貨両替もやっていたわけですが私が英語を話せなく、上司の係長も苦手だったため、私の同期の女性社員が外貨両替に来られたお客さんの相手をしてもらっていましたね。さて、上司の融資係長には仕事だけでなくちょこちょく飲みにも連れて行ってもらってお世話になりました。そういえばボーリングにも何度か一緒に行きまして私が一度でも勝つまで何ゲームでも付き合ってくれたっけ。お酒も強いし、ボーリングも強いし、私が京都のデルタ自動車教習所に通っているあいだ、仕事を切り上げて早めに帰らせてくれたんです。いい上司でありました。信用金庫を辞められて地元三重県に帰られて再就職されましたがその後どうされているんでしょうか。この頃は水面下で合併に向けて話が進んでいたにもかかわらず、取り立てて今後どうなるとか深く考えることはあまりなかったように思います。仕事もプライベートもまずまず充実してましたから。それではまた。

2017年9月7日木曜日

ある女性行員のレポート その3


提出日 4月12日(期間4月1日~4月9日) 本人 この10日間を振り返って、うまくできたことといえばあまりありませんが、あえて言えば、挨拶ではないかと思います。最初は恥ずかしくて出来ませんでしたが、そのうち大きな声で出来るようになりました。できなかった事は、取り次がなかなか覚えられないことです。その原因には、やはり通帳の種類やその用途をあまり知らないというところにあると思いますので、これからは、1つ1つしっかり覚えていきたいと思います。またメール便の区別も、どの袋を送り返して、どの袋を店で保存するのかまだわからないのでしっかり覚えていきたいと思います。これからも沢山失敗すると思いますが、よろしくお願い致します。 フレッシュマンリーダー 学生時代とは全く違う環境の変化で、毎日緊張が続いているのではないでしょうか。しかしもうだいぶ順応されているように思います。そんななかでも「フレッシュマン」さんの元気のいい明るい挨拶には関心しています。これからも明るく頑張ってください。 係長 最初は全てが新しく見え又不慣れなものばかりと感じていると思います。その気持ちが大切なのです。少し慣れてくると先入観や「だろう」という判断で仕事を処理してしまう恐れがあります。今は白紙状態です。この機会にしっかり基本的なことを覚えてください。わからない所は遠慮なく上司、先輩に納得のいくところまで聞いてください。又わからないと知った時はそのままにしないで必ずマスターして、その日を終えて下さい。 支店長 大きな声で「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と言えています。大変結構です。「お・い・あ・く・ま!」を念頭に頑張ってください。 ここで問題です。 最後の「お・い・あ・く・ま!」は戒めのコトバの頭文字を並べたものです。下記の〇〇に入る言葉を考えてね。 〇 お➡お〇〇な 〇 い➡い〇〇な 〇 あ➡あ〇〇な 〇 く➡く〇〇な 〇 ま➡ま〇〇な

2017年7月25日火曜日

西陣信用金庫での仕事 その17

では、西陣信用金庫と伏見信用金庫との合併に至る理事長 藤本 正夫 の職員向け配布物の続きを載せます。 以上のような趣旨から、今回の合併は単なる経済規模の拡大にとどまらず、京都北部の基盤が強固な西陣信用金庫と南部での基盤が充実している伏見信用金庫が統合し、発展、広域化する地元経済社会のニーズに応えるとともに効率的な店舗ネットワークの形成を目指したものであります。 お客様やそれぞれの金庫にとってのメリットは、両金庫併せて75カ店と一段と拡大すること。そして、店舗網が南北、全市的に分布し、また、お取引の重複も比較的少ない現状などにより、店舗ネットワークの充実は、お客様の利便を飛躍的に向上出来ると考えられます。 そして、スケールメリットおよび店舗ネットワークの充実による生産性の向上によって金融自由化、多様化に対する経営体質の強化が図れ、結果として地域社会の社会的、文化的、健康的活動などの支援も充実することができます。 合併の方法については対等合併(こう明言されているにもかかわらず現場の実情は疑問符が付きます。それは今後の展開で)とし、新しく発足する金庫の名称も一新されます。(名称については、これから両金庫で相談して決定する。) 両金庫の全役職員が新しく発足する金庫の中で「地域貢献」の旗印のもとで共に胸を張って出発していきたいと決断しました。 新しい金庫は平成5年10月1日の発足へ向かって、両金庫の役職員によって編成される各分野ごとの委員会において、具体的な取り決め事を決定していくことになりますが、役職員の将来の処遇等ついても、最大限の努力を続けていきます。今回の新しいスタートは、将来に向かって必ずや職員全員の皆さんのためのものだと信じて今回の合併を理解してほしいと思います。 なお、役職員の皆さん全員の最大限の力量を発揮し、新しい金庫の成長と地域社会への貢献を目指して出発するに際して全面的な協力をお願いする次第です。 以上 〇 合併への背景 1➡バブル経済崩壊後の日本経済の構造的変革。(拡大経済から均衡経済へ) 2➡スケールメリットによる効率化、合理化の推進、経営基盤の強化による顧客に対するサービスの向上。(地域) 3➡金融制度改革による一層多様化する顧客の新しいニーズへの対応。 4➡機械化の推進、革新による機械化投資の増大。 5➡京都の市街化中心の取引エリアから広域展開へ。(特に発展する南部へ) 記憶上では合併のうわさがささやかれ始めて夏ごろに文書で合併の内容を知ったように覚えていましたが5月の中頃には合併にいたる文書をもらっていたんですねえ。その時期は私も新しい仕事として出納係から融資係へ異動しておりまして仕事を覚える毎日でしたし、土日の休みは車の運転免許を取得するため京都の阪急西院駅から歩いていくとある「デルタ自動車教習所」へ通っていましたから。合併をするということに関してはあんまり深くは考えていなかったように感じます。西陣信用金庫に入庫して2年目でしたから。やがて合併後、新金庫になってから社風ががらりと変わってうまくいかなくなっていくことになります。

2017年7月18日火曜日

西陣信用金庫での仕事 その16

上記の画像は実家に帰った時に残っていた西陣信用金庫 祇園支店の私の名刺であります。その枚数、およそ400枚ほど・・・。こんなに残っていたんですねえ。しかも合併後に新たに作った京都みやこ信用金庫の名刺もありました。またそれは機会があれば画像にして載せようと思います。さてさて実家で私の信用金庫時代の本やら資料が出てきました。その中に貴重な西陣信用金庫 職員に向けた伏見信用金庫との合併の経緯や今後のお願いが書かれた案内文が出てきましたので長文になりますが、載せようと思います。 平成5年5月12日  職員の皆さんへ  理事長 藤本 正夫 私達の西陣信用金庫は大正15年に設立され、平成7年には創立70周年を迎える歴史ある信用金庫です。その間私達の多くの先輩も含め、一貫して地域金融機関として地域社会の発展、中小企業の育成、地域住民の生活向上を目指し、それぞれの分野で鋭意努力してまいりました。一方、社会情勢は機械化、国際化、情報化が進むにつれて、お客様のニーズも高度化、多様化し、また、今般の金融制度改革に象徴されるように金融の自由化も最終局面を迎え、業務もさらに幅広くなり、複雑化し、金融機関経営においても多様な対応と合理化、効率化が従来にまして要求される環境となってきました。 又、この度のバブル経済の崩壊後の日本経済は拡大経済から均衡経済へと構造が変革し、従来のような取引の拡大は至難な状況となってまいりました。そのような厳しい環境の中において、今まで以上に地域社会に貢献し、お客様も多様化し、また高度化するニーズに的確に応えていくためには、将来への長期的展望のうえに立ち、新たな視点による経営基盤の強化策が今不可欠な事と判断し、また、将来へ向けて必ずや明るい未来が開けることを確信して、この度平成7年には創立90周年を迎えようとしている伏見信用金庫との合併に踏み切ったのであります。 特に京都においては、従来、私達西陣信用金庫の経営エリアでありました京都市域から学術研究都市の進展とともに南部の開発が進み、経済圏は急速な変貌と広がりを見せております。もとより当金庫も南部への店舗展開を望んでいたのでありますが、本日まで果たせなかったのであります。(前文) 次回(後文)を載せます。